スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「助け合い困難を克服を」陛下が新年の感想(読売新聞)

 天皇陛下は新年を迎えるに当たって、宮内庁を通じ、感想を文書で発表された。

 陛下は、経済不況が続いた昨年を振り返り、「多くの人々がさまざまな困難に直面し、苦労も多かったことと察しています」と、苦境にある人たちに思いを寄せられた。続いて、新年に当たり、「国民皆が互いに助け合い、励まし合って当面の困難を克服するとともに、健全な未来を築くために力を尽くすよう願っています」との思いを示された。

 天皇、皇后両陛下は今年5月に全国植樹祭で神奈川県、6月に全国豊かな海づくり大会で岐阜県、9月には秋季国体で千葉県を訪問される予定。また皇太子さまが3月にガーナとケニアを公式訪問される方向で検討が進められている。

 また、秋篠宮家では、長女眞子さま(18)が4月に国際基督教大に進学、学習院女子中等科3年の次女佳子さま(15)も高校に進まれる。長男悠仁さま(3)は、お茶の水女子大付属幼稚園に入園する予定だ。

         ◇

 2日の一般参賀は、両陛下と皇族方が、午前10時10分、同11時、同11時50分、午後1時30分、同2時20分の計5回、皇居・宮殿のベランダに立たれる。参賀者は午前9時30分から午後2時10分までに皇居正門(二重橋)から入る。

アグレッシブに過ごそう
お笑い業界のあしき習慣
競馬サイト
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。